皮膚科専門医の勉強ブログ

日々の勉強の記録

アレルギー検査を行う時期はいつがいい?

アレルギーの原因を調べるために検査が行われることがあります。

・即時型→プリックテスト、皮内テスト
・遅延型→DLST、パッチテスト

 

それではこれらの検査はいつ頃行うのがよいのでしょうか。

 

まず即時型アレルギーについて。

検査時期について書かれた総説から引用してみます。

Ann Fr Anesth Reanim. 21(Suppl 1): 7, 2002(PMID:12091990)

Skin tests are best done after a delay of at least six weeks. If necessary, they can be carried outearlier, but with an increased risk of false negative results.

 

皮膚テストは発症から6週後以降に行うことが望ましいようです。

この理由は、放出されたケミカルメディエーターが補充されるまでにある程度の時間を要すからだとされています。

急性期ではケミカルメディエーターが枯渇しており、検査が偽陰性になる可能性があります。

 

それでは次に遅延型アレルギーについてです。

こちらも薬疹の総説から引用します。

Allergy 62(12):1439, 2007(PMID: 17983378)

 【紅斑丘疹型・スティーブンスジョンソン】
発症から1週間以内に行うことが望ましい

【DIHS】
発症から5~8週後に行うことが望ましい 

 

遅延型アレルギーは薬疹の病型によって適切な検査時期が異なっているようです。

通常の薬疹であれば1週間以内が望ましいようですが、DIHSはある程度時間が経ってから検査を行う必要があります。

アレルギー検査(遅延型)の陽性率はどれくらい?

遅延型アレルギーの原因を特定するための検査として「DLST」と「パッチテスト」があります。

それではこれらの陽性率はどれくらいなのでしょうか。総説から引用してみます。

治療 89(12): 3281, 2007

【薬疹検査の陽性率】

・DLST陽性率:40-60%
・パッチテスト陽性率:30-50%

 

このように陽性率は50%程度とあまり高くありません。

あまり検査を当てにしすぎると、陰性の結果が出たときの判断に苦労することになります。

 

DLSTは患者のリンパ球に薬剤を加えて培養を行う検査です。

そのため細胞の増殖に影響を及ぼす薬剤は偽陽性、偽陰性になりやすいとされています。

皮膚科の臨床59(6): 801, 2017

【偽陰性になりやすい薬剤】

抗癌剤:細胞毒性でSI値↓

抗癌剤はリンパ球に対する細胞毒性があるため数値が低下して偽陰性になりやすいようです。

 

【偽陽性になりやすい薬剤】

MTX:サルベージ回路を活性化しSI値↑
TS-1:サルベージ回路を活性化しSI値↑
NSAIDs:プロスタグランディン阻害でSI値↑

これらの薬剤は様々な機序で細胞の増殖を促進し、偽陽性になりやすいとされています。

特にMTXの偽陽性率は50%と非常に高いようで注意が必要です(臨床リウマチ 19(3): 170, 2007)。

アレルギー検査(即時型)の陽性率はどれくらい?

即時型アレルギーの検査として皮膚テスト(プリックテスト、皮内テスト)が行われます。

しかしアレルギーを強く疑いながらも検査が陰性になる場合もあり、判断に迷うケースが多いです。

それでは皮膚テストの陽性率はどれくらいなのでしょうか。

具体的な数字が書かれている古い論文を紹介します。

J Allergy Clin Immunol. 60(6): 339, 1977(PMID: 925260)

【皮膚テストの陽性率】

・アナフィラキシー:46%
・蕁麻疹:17%

 

アナフィラキシーの場合でも陽性率はあまり高くないようです。

さらに蕁麻疹での陽性率はかなり低く、皮膚テストで原因を特定するのは難しいかも知れません。

検査が陰性だったとしても、即時型アレルギーは否定できません。