皮膚科の豆知識ブログ

皮膚科専門医のブログです。日々の小さな疑問を解決する論文を紹介します。

はじめに

このブログについて 「皮膚科の豆知識」は皮膚科専門医が、日々感じた小さな疑問を解決する論文を紹介するブログです。 皮膚疾患は種類が多く大規模スタディーが行われていないため、皮膚科診療は経験に頼りがちになります。 そんな中で、なるべく具体的な数…

単純ヘルペスと帯状疱疹は見分けられるのか?

単純ヘルペスと帯状疱疹は見た目が違います。 単純ヘルペスの皮疹は口の周りや陰部に限局しますが、帯状疱疹は帯状に広がります。 また帯状疱疹の方が痛みが強く、皮疹も重篤です。 しかし私たちは本当にこれらを見分けられているのでしょうか。 それを調べ…

TARCが薬疹でも役に立つ

DIHSは重症薬疹の一つです。 しかし診断のためには「原因薬剤中止後の経過の遷延」や「HHV-6の再活性化」を確認する必要があり、早期に診断するのは難しい場合があります。 そこでDIHSの発症早期にTARCが役立つことが示された論文があります。 J Dermatol Sc…

なぜ帯状疱疹のほうが痛みが強い?

単純ヘルペスと帯状疱疹は、ともにヘルペスウイルスによって起こる疾患です。 しかし臨床症状には違いがあり、帯状疱疹では強い痛みを伴います。 この違いはなぜ生じるのでしょうか。 ヘルペスウイルスは感覚神経節の神経細胞に潜在感染しています。 宿主の…

なぜ単純ヘルペスと帯状疱疹で薬の量が違う?

抗ウイルス薬の投与量は、単純ヘルペスと帯状疱疹とで違います。 【バラシクロビルの投与量】 ・単純ヘルペス:1日1000mg・帯状疱疹:1日3000mg なぜこのような違いがあるのでしょうか。 この理由は、帯状疱疹のほうが症状が強いからだと思われがちです。 し…

ヘルペスの治療はどれくらい早く始めればいいのか?

抗ウイルス薬を使う上で重要なポイントは、殺菌作用はなく静菌作用を持つ薬だということです。 ウイルスの増殖を抑制するだけなので、ウイルスの増殖が終わった後に投与しても意味がありません。 そのため発症後すぐに投与を開始する必要があります。 それで…

皮疹がないときにヘルペスの治療を始めていいのか?

ヘルペスはほとんどの症例で、皮疹が出る前に違和感や痛みなどの前駆症状が出現します。 【前駆症状の出現率】 ・単純ヘルペス:85%(臨床医薬 29(2): 137, 2013)・帯状疱疹:70~80%(PMID: 17143845) それでは前駆症状の時点で抗ウイルス薬を開始したら…

皮膚外科手術ランキング

皮膚科の手術は全身を対象にするので多岐にわたります。 そのためどんな手術があって、どんな手術法を習得しなければならないのか分かりにくい部分があります。 そこで自治医科大学皮膚科では、どのレベルの手術までを行えるかの客観的な指標として、皮膚外…

皮膚科診療・御法度10か条

米国皮膚科学会のホームページに「皮膚科医が守るべき10の原則」が掲載されています。 Ten Things Physicians and Patients Should Question 日本の状況と異なる部分もありますが、知っておくと有用です。 今回はこの10の原則を紹介したいと思います。 其ノ…

単純ヘルペスの再発率はどれくらい?

単純ヘルペスは何度も再発するのが特徴です。 それではどれくらいの頻度で再発するのでしょうか。 再発性単純ヘルペスの患者290人へのインタビュー調査の結果を見ていましょう。 口唇ヘルペスと性器ヘルペスにわけて、再発回数が調査されています。 臨床医薬…

単純ヘルペスが治るまでどれくらいかかる?

単純ヘルペスに対しては抗ウイルス薬を5日間投与するのが一般的です。 しかし内服終了時には、まだ治癒していない患者もいるようです。 それではどれくらいの期間で単純ヘルペスは治癒するのでしょうか。 5日間治療の効果 臨床試験の結果を見てみましょう。 …

再発抑制療法はいつまで続けたらいいですか?

年6回以上再発する性器ヘルペスでは再発抑制療法が適応になります。 治療期間の目安は1年とされていて、添付文書には「本剤を1年間投与後、投与継続の必要性について検討することが推奨される」と記載されています。 それでは再発抑制療法を中止したらどうな…

「薬を飲んだら悪くなった」と言われないために

他院で治療を開始された帯状疱疹の患者が転院してくることがあります。 その理由は「薬を飲んだら悪くなった」から。 これは薬のせいで症状が悪化したわけではありません。 抗ウイルス薬の作用はウイルスの増殖抑制なので、効果発現までに時間がかかります。…

帯状疱疹の痛みが消えるまでどれくらいかかる?

帯状疱疹は皮膚症状が治癒した後も痛みが残ることが多いです。 それでは、どれくらいの期間痛みが続くのでしょうか。 論文を見てみましょう。 まず帯状疱疹患者316名に抗ウイルス薬を投与後、6ヶ月間フォローした研究です。 Int J Clin Pract. 61(7): 1223, …

帯状疱疹の再発率はどれくらい?

帯状疱疹になるのは一生に1回と言われています。 ところが一部で2回以上発症する人がいるようです。 それでは帯状疱疹が2回以上発症する割合はどれくらいなのでしょうか。 帯状疱疹に関する文献を集積したシステマティックレビューを見てみましょう。 BMJ Op…

論文からみた凍結療法の具体的方法

ウイルス性疣贅の治療では凍結療法が行われます。 しかし教科書には具体的な方法は書かれていません。 そこで論文から凍結療法について考えてみたいと思います。 接触時間 接触回数 凍結前の処置 凍結療法の注意 接触時間 まず液体窒素の接触時間の目安です…

凍結療法の治療間隔はどれくらい?

イボの治療では凍結療法が行われます。 保険では月4回まで(週1回)の治療が認められていますが、治療間隔はどれくらいがよいのでしょうか。 まず日本の皮膚科医へのアンケートを見てみましょう。開業医と勤務医で治療間隔が異なるようです。 臨床医薬 28(11…

イボの凍結療法の治療効果はどれくらい?

イボの治療では凍結療法が行われます。 凍結療法にはどれくらいの効果があるのでしょうか。 まず古いですが手のイボに関する論文を紹介します。 Br J Dermatol. 94(6): 667, 1976 (PMID: 820365) 治癒するまでの治療回数:平均3.1回 6回の治療で83%の患者…

凍結療法以外のイボの治療法は?

足底のイボは難治です。 第一選択の凍結療法が効かなかったときは、どんな治療法があるのでしょうか。 皮膚科医へのアンケート調査を見てみましょう。 Visual Dermatology 9(3): 272, 2010 【第二選択の治療法】 1 活性化ビタミンD3外用:37%2 ヨクイニンエ…

水イボはいつ消えるのか?

水いぼ(伝染性軟属腫)は自然治癒することが知られています。 そのため無治療で経過観察することも選択肢の一つです。 それでは治癒するまでにどれくらいの時間がかかるのでしょうか。 いくつかの論文を見てみましょう。 217人の軟属腫患者を経過観察した日…

軟属腫摘除の有効率はどれくらい?

水いぼ(伝染性軟属腫)治療の第一選択は摘除です。 それでは摘除にはどれくらいの効果があるのでしょうか。 軟属腫摘除に関する1879人の後方研究を見てみましょう。 Pediatr Dermatol. 33(6): 640, 2016 PMID: 27601304 ・1回で治癒(再発なし):70%・2回…

水イボの痛くない治療は?

水いぼ(伝染性軟属腫)に対しては摘除が有効ですが、痛みや出血を伴うのが欠点です。 子供に多い疾患なので苦労します。 他に痛くない治療法はないのでしょうか。 皮膚科医へのアンケートによると、摘除以外にも様々な治療が行われているようです。 日本臨…

伝染性単核球症の皮疹は薬剤を投与しなくても出る

伝染性単核球症の皮疹はアンピシリン疹が有名です。 かつてはペニシリン系抗菌薬の投与で100%近く皮疹が出るとされていました。 しかし現在ではもっと頻度は低いと言われています。 実際の頻度がどれくらいなのか、伝染性単核球症の後方研究を見てみましょう…

伝染性単核球症の原因ウイルスは何?

ときどき伝染性単核球症を疑う症例に出会うことがあります。 しかしEBウイルス抗体が既感染パターンで、診断に苦慮することも多い印象です。 実は伝染性単核球症の原因はEBウイルスだけではありません。 それではどのようなウイルスが原因になるのでしょうか…

ジアノッティ症候群の原因ウイルスは何?

Paraviral Eruptionと呼ばれる、様々なウイルス感染で生じる皮膚疾患があります。 Dermatology 211: 309, 2005 【Paraviral Eruption】 1. ジアノッティ症候群2. ジベルばら色粃糠疹3. gloves and socks症候群4. asymmetric periflexural exanthem5. eruptiv…

ジアノッティ症候群を診断する方法

ジアノッティ症候群は様々なウイルスが原因で起こります。 そのため確定診断ができる検査がなく、患者への説明が中途半端になりがちです。 また治療法がなく、治癒までに時間もかかることも問題です。 そこで海外から報告されている診断基準が役に立ちます。…

成人パルボウイルス感染症を診断する方法

成人のパルボウイルス感染症に出会うことは意外と多いです。 そのほとんどが「あるかないか分からないくらいの皮疹と手足の腫れ、倦怠感」という症状。 臨床症状がパッとしないため、診断が難しい疾患です。 リウマチ因子や抗核抗体が陽性化することも、診断…

白癬は視診で診断するべからず

皮膚真菌症は見た目だけで診断できるのでしょうか。 それを調べた報告があります。 Fam Pract. 16(6): 611, 1999 PMID: 10625138 皮膚科クリニックを受診した紅斑を有する患者148人に対して臨床診断を行った後に、真菌培養が行われました。 視診による皮膚真…

自覚症状がない足白癬に注意しよう

白癬はある程度まで菌が増殖しないと、痒みなどの自覚症状が出てきません。 そのため足白癬だと気がつかずに放置している患者が多く、クリニックや病院を受診するのは全患者の2割程度と推計されています。 (日本皮膚科学会雑誌125(12): 2289, 2015) 特に2…

足白癬の予防法

白癬菌はどこにいて、どうやって感染するかを聞かれることも多いと思います。 皮膚に付着した白癬菌は、一定の湿度(85%以上)があれば24時間かけて皮膚内に侵入し、感染が成立します。 水虫が足の指の間にできやすいのは、湿度が高いことが理由です。 それ…