皮膚科専門医の勉強ブログ

日々の勉強の記録

術後の抗菌薬は必要か?

最近は術後の予防的抗菌薬は不要というのがトレンドです。

胃癌手術(準清潔)では術後抗菌薬投与群の術後感染発症率は未投与群と同等であったというデータがあります。

【創部感染発症率(胃癌手術)】

・術中のみ:5.8%
・術中+術後2日:4.5%

(有意差なし)

Br J Surg 94(6): 683,2007

 

つまり術後抗菌薬の有効性は証明されていません。

この論文では準清潔手術ではルーチンの術後抗菌薬投与は推奨しないとされています。

 

ちなみに手術のクラス分類は以下の通りです。

 

【クラス分類と手術部位感染発生率】

・クラスⅠ(清潔):1~3%
・クラスⅡ(準清潔):8~10%
・クラスⅢ(汚染):15~20%
・クラスⅣ(不潔・感染):25~40%

(「感染予防、そしてコントロールのマニュアル」より)

 

皮膚科手術の術後感染発生率は1.9%というデータがあり、クラスⅠ(清潔)に相当します。

 【皮膚科手術の術後感染発生率】

全体:1.9%

(単純縫縮:1.6%、植皮・皮弁:4.3%)

J Hosp Infect. 65(3): 258, 2007 (PMID: 17244515)

 

皮膚科手術でも、術後抗菌薬は不要と考えてよさそうです。