皮膚科の豆知識ブログ

皮膚科専門医のブログです。日々の小さな疑問を解決する論文を紹介します。

真皮縫合を行う理由は?

皮膚科、形成外科では真皮縫合がよく行われます。

真皮縫合にはどのような利点があるのでしょうか。

 

術後瘢痕に対する真皮縫合の効果を調べた報告があります。

皮膚腫瘍の切除時に真皮縫合を行った群と行わなかった群で、半年後の瘢痕の幅を比較しています。

Br J Plast Surg. 42(1): 74, 1989 PMID: 2537125

【瘢痕の幅(皮膚切除術後半年)】

・真皮縫合なし:4.82mm
・真皮縫合あり:2.89mm

(P<0.001)

 

真皮縫合を行ったほうが、術後瘢痕は小さくなっています。

美容的観点からは真皮縫合を行うのが望ましいようです。

傷が開かないようにというよりは、術後瘢痕を予防する効果を期待しています。

 

それではどんな糸を使用したらよいかを次の記事で解説します。

www.derma-derma.net