皮膚科専門医の勉強ブログ

日々の勉強の記録

本当の局麻アレルギーは少ない?

 局所麻酔薬に対するアレルギーの既往がある患者は多いですが、はたしてそれは本当にアレルギーなのでしょうか。

局麻アレルギーの既往がある患者に皮膚テストを行った研究があります。

アレルギー 58(6): 657, 2009

 

20人の患者に対してプリックテストと皮内テストを行いました(エピネフリン入りキシロカイン)。

・皮膚テスト陽性15%
・皮膚テスト陰性75%

 

検査の陽性率は15%で、あまり高くはないようです。

陰性の患者はアレルギーではなく、迷走神経反射であった可能性が高いとされています。

アレルギーの既往があっても、実際には使用できるケースが多いようなので、皮膚テストで確認を行うことは重要だと思います。

 

またキシロカインのアレルギーには2種類があります。

 

【キシロカインのアレルギー】

・キシロカインによるもの
・添加の防腐剤によるもの

 

エピネフリン入りのキシロカインには防腐剤が含まれており、防腐剤に対するアレルギーの方がいるようです。

防腐剤アレルギーであれば、防腐剤の入っていないキシロカインの使用が可能です。

 

キシロカイン(Eなし)→防腐剤なし

キシロカイン(E入り)→防腐剤あり