皮膚科専門医の勉強ブログ

日々の勉強の記録

薬疹の治療法

重症薬疹の治療法は教科書に書かれていますし、ガイドラインも存在します。

しかしそれ以外の薬疹をどうすればよいのかは、あまり書かれていない気がします。

そこで薬疹の総説から、治療法の部分を抜粋してみます。

N Engl J Med 366: 2492, 2012

【薬疹の治療(重症薬疹以外)】

・ほとんどの薬疹は薬剤中止2日後まで広がり1週間で消退
・痒みに対しては抗ヒスタミン薬を用いる
・皮疹に対してステロイド外用を用いるがエビデンスは無い

 

ほとんどの薬疹は薬剤を中止すれば1週間程度で消退します。

一般的に対症療法として、ステロイド外用や抗ヒスタミン薬の内服も行われます。

しかしこれらの治療にエビデンスはないようです。

 

ちなみに薬疹の治療法の内訳を調べた報告もあります。

日本皮膚科学会雑誌 122(10): 2495, 2012

【薬疹の治療法】

・外用のみで治癒:82%
・ステロイド内服:14%
・ステロイドパルス:3%
・その他:1%

 

8割は対症療法のみで治る軽症例。2割程度がステロイド投与を必要とする重症例です。

重症例を見分けて早期に治療開始するのが皮膚科医の仕事です。