皮膚科の豆知識ブログ

皮膚科専門医のブログです。日々の小さな疑問を解決する論文を紹介します

【医師国家試験皮膚科領域④】臨床で役立つ解説-膠原病

前回に引き続き、医師国家試験に出題された皮膚疾患の写真から、皮膚科診断について説明していきます。

 

第1回で紅斑のみかたの原則を解説しました。

(第1回はこちら>>医師国家試験皮膚科領域①

 

・表面がザラザラ:表皮の病変(湿疹)

・表面がツルツル:真皮の病変(薬疹)

 

しかし原則には例外があります。

今回は膠原病の皮疹について取りあげてみます。

 

膠原病の皮疹 

膠原病の皮疹も基本的に表面がツルツルの紅斑です。

まずSLE。

医師国家試験SLEの図

皮膚筋炎。

医師国家試験皮膚筋炎の図

成人スティル病。

医師国家試験成人スティル病の図

川崎病。

医師国家試験川崎病の図

 

さらにベーチェット病の結節性紅斑も表面がツルツルの紅斑です。

医師国家試験ベーチェット病の図

 

このように内因性の皮疹は、基本的に見た目はそっくりで見分けがつきにくいのです。

そのため見た目以外のポイント(病歴や検査など)から鑑別していくしかありません。

 

例外:ゴットロン徴候

ただし皮膚筋炎のゴットロン徴候は、表面がザラザラしているので注意してください。

医師国家試験ゴットロン徴候の図

 

 

この理由は、皮疹の形成に外因性の要素があるためだと思われます。

ゴットロン徴候は手指や肘、膝などの摩擦が多い場所に出現します。

つまり摩擦が関係しているため、表皮の変化を伴うのです。

 

まとめ

今回は膠原病の皮疹について解説しました。

次回は表面がザラザラの紅斑について取りあげる予定です。