皮膚科の豆知識

皮膚科専門医のブログです。日々の小さな疑問を解決する論文を紹介します

足白癬の予防法

白癬菌はどこにいて、どうやって感染するかを聞かれることも多いと思います。

皮膚に付着した白癬菌は、一定の湿度(85%以上)があれば24時間かけて皮膚内に侵入し、感染が成立します。

水虫が足の指の間にできやすいのは、湿度が高いことが理由です。

 

それでは白癬菌は日常生活の中でどのような場所に生息しているのでしょうか。

日本皮膚科学会雑誌109(13) 2137, 1999

白癬患者の家の中の菌量(コロニー数)

・床:45
・畳:48
・バスマット:329

 

湿気を好む白癬菌が特に多く存在するのはバスマットのようです。

バスマットの共用は避けたほうがいいでしょう。

 

また付着した菌を除去するためにはどうしたらよいでしょうか。

Mycoses 43(1-2), 45, 2000

白癬菌の除去率

・タオルでふく:77%
・石鹸で洗う:97%
・1時間乾燥させる:100%

 

石鹸で洗えばほとんどの菌が除去されます。

1日1回しっかり足の指の間を洗っていれば大丈夫でしょう。

 

また一番効果があるのは1時間裸足で乾燥させること。

足の湿度を下げるためにも、一定時間は裸足でいることも有効です。