皮膚科の豆知識ブログ

皮膚科専門医のブログです。日々の小さな疑問を解決する論文を紹介します。

自覚症状がない足白癬に注意しよう

白癬はある程度まで菌が増殖しないと、痒みなどの自覚症状が出てきません。

そのため足白癬だと気がつかずに放置している患者が多く、クリニックや病院を受診するのは全患者の2割程度と推計されています。

(日本皮膚科学会雑誌125(12): 2289, 2015)

 

特に2型糖尿病患者は健常者と比べて足白癬の有病率が有意に高いようです。

Mycoses. 50 Suppl 2: 14, 2007 PMID: 17681049

【足白癬の有病率】

・健常人:38.0%
・2型糖尿病患者:52.7%

 

足白癬は糖尿病患者の細菌感染リスクを上昇させるため、積極的に足の観察を行い治療する必要があります。

(Diabet Med, 26: 548, 2009 PMID: 19646196)