皮膚科の豆知識ブログ

皮膚科専門医のブログです。日々の小さな疑問を解決する論文を紹介します

伝染性単核球症の原因ウイルスは何?

ときどき伝染性単核球症を疑う症例に出会うことがあります。

しかしEBウイルス抗体が既感染パターンで、診断に苦慮することも多い印象です。

 

実は伝染性単核球症の原因はEBウイルスだけではありません。

それではどのようなウイルスが原因になるのでしょうか。

原因を調べた論文を見てみましょう。

Intern Med. 45(13): 833, 2006 PMID: 16880711

【伝染性単核球症の原因ウイルス】

・EBV:42%
・CMV:27%
・HHV-6:5%
・パルボ:5%
・HIV:3%
・不明:18%

 

このように原因ウイルスは多岐に渡っており、特定できない症例も20%程度あるようです。

ウイルス検査が陰性でも、伝染性単核球症を否定できないことを知っておく必要があります。