皮膚科の豆知識ブログ

皮膚科専門医のブログです。日々の小さな疑問を解決する論文を紹介します。

水イボの痛くない治療は?

水いぼ(伝染性軟属腫)に対しては摘除が有効ですが、痛みや出血を伴うのが欠点です。

子供に多い疾患なので苦労します。

他に痛くない治療法はないのでしょうか。

 

皮膚科医へのアンケートによると、摘除以外にも様々な治療が行われているようです。

日本臨床皮膚科医会雑誌29(3): 396, 2012

【摘除以外の治療法】

1 凍結療法:31%
2 ヨクイニンエキス内服:26%
3 イソジン塗布:26%
4 スピール膏:14%

 

凍結療法

まず液体窒素による凍結療法の治療効果について見てみましょう。

Pediatr Dermatol.27(4): 388, 2010 PMID: 19804497

【治癒率(週1回治療)】

・3週間:73%
・6週間:100%

 

凍結療法の治療効果は比較的高そうです。

ただし摘除ほどではありませんが、痛みを伴うのが欠点です。

 

ヨクイニンエキス内服

次にヨクイニンエキスの効果はどうでしょうか。

皮膚 29(4): 762, 1987

【改善率】

・4週:16.5%(プラセボ:7.9%)
・8週:28.7%(プラセボ:28.6%)
・12週:40.5%(プラセボ:41.5%)

 

4週時点ではプラセボよりも改善率は高い傾向にあるものの、有意差はなかったようです。

8週、12週後には改善率はプラセボと変わりません。

痛みがない治療法ですが、有効性のエビデンスは乏しいようです。

 

イソジン・スピール膏

次にイソジン、スピール膏はどうでしょうか。

Int J Dermatol. 29(6): 443, 1990 PMID: 2397974

【治癒率(治癒期間)】

・イソジン塗布:60%(12週)
・スピール膏:70%(7週)
・イソジン+スピール膏:100%(4週)

 

イソジンとスピール膏の併用が、単独と比べて効果が高いようです。

ただこの論文ではイソジン単独、スピール膏単独の治療が有効なのかはわかりません。

 

まとめ

凍結療法は有効性が高いようですが、痛みを伴います。

ヨクイニンエキス内服や、イソジン、スピール膏は痛みはありませんが、有効性のエビデンスは乏しいようです。

それぞれ一長一短があり、状況に応じて使い分ける必要がありそうです。