皮膚科の豆知識ブログ

皮膚科専門医のブログです。日々の小さな疑問を解決する論文を紹介します。

検査の性能がわかる「尤度比」とは?

 

検査の性能は、感度と特異度からある程度わかります。

しかし「感度38%、特異度96%」の検査と言われても、イメージがつきにくいのではないでしょうか。

そんなときに便利な尤度比について解説します。

 

尤度比とは

 

尤度比は感度と特異度から計算することができます。

 

・陽性尤度比=感度/(1-特異度)
・陰性尤度比=(1-感度)/特異度

 

そして尤度比から検査後の疾患の確率を知ることができるのです(検査前確率が5~95%の場合)。

【陽性尤度比】

•10~:確定診断的な所見
•5~10:可能性をかなり上げる
•2~5:可能性を上げる
•1~2:可能性を変えない

 

【陰性尤度比】

•~0.1:除外診断的な所見
•0.1~0.2:可能性をかなり下げる
•0.2~0.5:可能性を下げる
•0.5~1:可能性を変えない

(日本内科学会雑誌 96:831-832, 2007、ジェネラリストのための内科診断リファレンス)

 

最初に示した感度38%、特異度96%の検査の尤度比を計算してみましょう。

 

•陽性尤度比:1.55(1~2=可能性を変えない)
•陰性尤度比:0.12(0.1~0.2=可能性をかなり下げる)

 

この検査が陽性でも疾患の可能性は変わらず診断はできません。

一方、陰性の場合は可能性がかなり下がり、除外診断することができます。

このように感度・特異度ではなく尤度比で考えると、検査がわかりやすくなると思います。

 

さらに詳しく

 

もう少し詳しく見てみましょう。

尤度比から検査後の疾患の確率を数値として知ることができます。

J Gen Intern Med 17:646-649,2002(PMID:12213147)

【陽性尤度比】

10→ +45%
5 → +30%
2 → +15%
1 → +0%

【陰性尤度比】

1 → -0%
0.5 → -15%
0.2 → -30%
0.1 → -45%

 

(検査前確率が5~95%の場合)

 

たとえば尤度比10の検査が陽性であれば、確率はだいたい45%増すということです。

検査前の確率が50%であれば、検査後の確率は95%でほぼ確定診断することができます。

 

そして陰性尤度比0.1の検査が陰性であれば、確率は45%減ります。

検査前の確率が50%であれば、検査後の確率は5%でほぼ除外診断できます。

 

検査の性能を知りたいときは、感度・特異度から尤度比を計算してみてください。