皮膚科の豆知識ブログ

日々の小さな疑問を解決する論文を紹介します。講演、お仕事の依頼は「お問い合わせ」からお願いします。

薬疹の原因薬剤の特定法

薬疹を疑ったときは使用している薬剤をすべてリストアップします。

その中から原因を絞り込んでいくわけですが、多数の薬剤が新たに開始されている場合は特定が難しくなります。

そんなときは薬剤の開始時期を確認します。

遅延型アレルギーは感作が成立するまでに数日から2週間程度かかります。そのため原因の可能性が高いのは4~14日以内に開始した薬剤です。

 

原因薬剤を絞り込むための指標を紹介します。

N Engl J Med. 366(26): 2492, 2012 PMID: 22738099

開始時期ごとの原因の可能性が4段階に分けて評価されています。

薬疹の原因薬剤

ただしすでに薬剤に感作されていた場合は服薬後3日以内に症状が現れます。

 

薬疹の原因精査の図

もし過去の使用歴がわからない場合は、1か月以内に開始した薬剤はすべてピックアップするのがいいでしょう。