皮膚科の豆知識ブログ

皮膚科専門医のブログです。日々の小さな疑問を解決する論文を紹介します。

膿瘍を切開したあとにガーゼは詰めたほうがいい?

膿瘍の治療の第一選択は切開排膿です。

切開を行って貯留していた膿を圧出した後は、内部の膿がなくなるまで生理食塩水で洗浄を行い、ドレナージ用のガーゼを詰めるのが一般的です。

 

しかし本当にガーゼを詰める必要はるのでしょうか。

ガーゼパッキングの効果を調べた論文があります。

Acad Emerg Med. 16(5): 470, 2009 PMID: 19388915

 

5㎝以下の膿瘍に対して切開を行った後、ガーゼを詰めた23例とガーゼを詰めなかった25例で、48時間後の治療失敗率が調査されています。

【治療失敗率】

・ガーゼあり:17.4%
・ガーゼなし:20.0 %
 (p=0.72)

 

このように治療失敗率に差はなく、ガーゼを詰めたほうが痛みスコアは有意に高かったようです。

そのためガーゼを詰めるかどうかは意見が分かれています。

私は基本的にガーゼパッキングを行うようにしていますが、小さな膿瘍では必要ないかもしれません。