皮膚科の豆知識ブログ

皮膚科専門医のブログです。日々の小さな疑問を解決する論文を紹介します。

膿瘍は穿刺吸引で治療できる?

膿瘍の診断のために穿刺吸引が行われることがあります。

穿刺で膿が確認できれば診断が確定します。

 

膿瘍の治療の基本は切開排膿です。

しかし切開するとその後の処置が必要になってしまいますが、穿刺は侵襲が少なく処置が必要ないのが長所です。

穿刺吸引のみで膿瘍の治療を行うことはできるのでしょうか。

論文を見てみましょう。

Ann Emerg Med. 57(5): 483, 2011 PMID: 21239082

膿瘍に対して切開排膿を行った54例と穿刺吸引を行った47例で、1週間後の治療失敗率が調査されています。

【治療失敗率】

・切開排膿:20%
・穿刺吸引:74%

両群間の差(95% CI): 54%(35-69)

 

このように穿刺吸引は切開排膿に比べて治療の失敗率が高いようです。

穿刺吸引を試みて最初はうまくいったとしても、後に切開が必要になる可能性があることを患者に伝えておく必要があるでしょう。