皮膚科の豆知識ブログ

皮膚科専門医のブログです。日々の小さな疑問を解決する論文を紹介します。

蜂窩織炎の治療効果判定の時期は?

蜂窩織炎に対して抗菌薬を開始した後、効果判定はいつごろ行ったらよいのでしょうか。

英国のガイドラインを見てみましょう。

NICEのガイドラインでは、治療の効果判定は48時間後に行うことが推奨されています。

The use of intravenous antibiotics should be reviewed by 48 hours (taking into account the person's response to treatment and any microbiological results) .

 

この根拠となる論文を紹介します。

Clin Infect Dis. 63(8): 1034, 2016 PMID: 27402819

蜂窩織炎で入院した患者216人の治療への反応率(臨床症状と検査所見)が調査されています。

 

臨床症状改善

(発熱・皮膚症状)

検査値改善

(白血球・CRP)

1日後

42%

65%

2日後

86%

93%

3日後

97%

98%

(検査値改善:20%以上低下)

 

検査値のほうが早く反応するようですが、治療開始24時間以内では治療への反応が見られないことが多いようです。

48時間で多くの患者に反応が見られ、72時間でほとんどの患者に反応が見られます。

 

抗菌薬を投与しても48~72時間で反応が見られない場合は、抗菌薬の変更や診断の見直しが必要でしょう。

 

それでは治療はどれくらいの期間行うのがよいのでしょうか。次の記事で解説します。

www.derma-derma.net