皮膚科専門医の勉強ブログ

日々の勉強の記録

はじめに

このブログは皮膚科専門医が、日々感じた小さな疑問を解決する論文を紹介するブログです。

皮膚疾患は種類が多く大規模スタディーが行われていないため、明確なエビデンスがある検査や治療は少ないようです。

そのため皮膚科診療は経験に頼りがちになります。

実際、教科書を読んでみてもエビデンスはほとんど書かれていません。

そんな中で、なるべく具体的な数字に基づいた診療を行いたいと思ったことが、このブログを開設するきっかけになりました。

もっと詳しく知りたいかたは紹介している論文に目を通してみてください。

読者登録していただくと更新情報が受け取れます。

 

マイコプラズマ抗体検査はどう使う?

マイコプラズマ(マイコプラズマ・ニューモニエ)感染症はスティーブンスジョンソン症候群の原因にもなるため、皮膚科でも重要な感染症です。

肺炎のイメージが強いですが、肺炎に至るのは3~10%で、ほとんどが感冒症状のみなのだそうです(Chest. 95(3) 639, 1989 PMID:2646077)。

そのため皮疹の原因をつきとめるためには、抗体検査が必要になる場合があります。

しかし抗体検査にはいろいろな種類があり、使い分けや判定法などを知っておかなければなりません。

 

まず抗体検査にはCF法とPA法の2種類があります。

  1. CF法(主にIgG)
  2. PA法(主にIgM)

CF法は主にIgGを、PA法は主にIgMを調べる検査です。

現時点での感染を知るためには、PA法のほうが良いようです。

 

それではPA法の感度・特異度はどれくらいなのでしょうか。

Clin Vaccine Immunol. 13(6): 708, 2006(PMID: 16760332)

・40倍:感度89.4%、特異度83.7%

・320倍:感度56.1%、特異度 97.4%

・ペア血清4倍以上:感度 88.5%、特異度100%

 

抗体陽性(40倍)だけでは特異度が低く、診断確定は難しそうです。

診断基準では320倍以上の数値が必要とされています。

 

またPA法は主にIgMを測定していますが、IgGも一部含まれているため、ペア血清での診断も可能です。

抗核抗体が陽性だけど症状がないとき

抗核抗体が陽性、しかし臨床症状は無いという状況に遭遇することがあります。

健常者での抗核抗体の陽性率はどれくらいなのでしょうか。

Arthritis Rheum. 40(9): 1601, 1997(PMID: 9324014)

【健常者の抗核抗体陽性率】

40倍:31.7%

80倍:13.3%

160倍:5.0%

320倍:3.3%

 

以上のように抗核抗体は健常者でも陽性になることがあるため、判断はなかなか難しいです。

そのため有意な上昇は160倍以上とされています。

 

しかしその所見はSLEの発症を予見するものかもしれません。

SLEの初期は抗核抗体のみ陽性になり、その後に特異抗体が検出されるようになるそうです。

N Engl J Med. 349(16): 1526, 2003

①抗核抗体陽性(2年前)

②dsDNA抗体陽性(1年前)

③Sm抗体陽性(半年前)

④発症

 

このように抗核抗体の判断には悩むことが多いです。

臨床症状がない患者に抗核抗体をオーダーすることは控えたほうがいいのかも知れません。