皮膚科の豆知識ブログ

日々の小さな疑問を解決する論文を紹介。講演、お仕事の依頼は「お問い合わせ」からお願いします。

2020-01-01から1年間の記事一覧

梅毒の検査が変わった

最近梅毒の検査法が変わっています(用手法→自動化法)。 それに伴っていくつかの変化があり、教科書の記載内容が古くなっています。 そのため知識をアップデートしておく必要があります。 まず治療効果判定が「RPR 1/4以下」から「RPR半分以下」に変更され…

疥癬はどれくらい見逃してしまうのか?

私たち皮膚科医を最も怯えさせる疾患が疥癬です。 一見して湿疹や痒疹と見分けがつきづらい。 よくよく手や陰部を観察すれば、疥癬トンネルや疥癬結節が見つかりますが、注意していないと見逃してしまいます。 疥癬は忘れた頃にやってくる。 常に頭の片隅に…

マダニに咬まれたらどうするか?

マダニ刺症の対応法は人によって微妙に異なっています。 そこで虫の大家・夏秋優先生の「マダニ刺症への対応提言」をまとめてみました。 Visual dermatology 17(11): 1064, 2018 皮膚に吸着したマダニは除去する必要があります。 それでは除去はいつすればよ…

スミスリン耐性シラミの治療法

最近ピレスロイド(スミスリン)耐性のシラミが増加しているそうです。 スミスリンシャンプーが効かないときどうすればいいのか、海外のガイドラインを調べてみました。 まずカナダ小児科学会で推奨されているのは2つの薬剤です。 Paediatr Child Health. 23…

BCG接種後の副反応はどうする?

ときどきBCGの副反応に遭遇することがあります。 今回はBCG副反応についてまとめてみました。 発症時期 まず発症時期に関する論文を見てみましょう。 1997年~2008年に皮膚科から報告されたBCG副反応のまとめです。 日本皮膚科学会雑誌 121 (1), 39-45, 2011…

皮膚の抗酸菌培養の注意点

非結核性抗酸菌症と言えば呼吸器感染症というイメージですが、皮膚感染症にも出会うことがあります。 呼吸器と皮膚ではどのような違いがあるのでしょうか。 文献を調べてみました。 原因菌 呼吸器感染症の原因菌は何が多いのでしょうか。 Emerg Infect Dis. …

検査の性能がわかる「尤度比」とは?

検査の性能は、感度と特異度からある程度わかります。 しかし「感度38%、特異度96%」の検査と言われても、イメージがつきにくいのではないでしょうか。 そんなときに便利な尤度比について解説します。 尤度比とは 尤度比は感度と特異度から計算することがで…

ASOはどんなときに使うのか?

溶連菌感染症を診断するための血液検査としてASOがあります。 ASOはどのような場面で使用するのでしょうか。 A群溶連菌が産生する活性蛋白streptolysin Oに対するIgG抗体がASO(anti-streptolysin O)です。 IgG抗体なので上昇するまでに時間がかかることに…

マイコプラズマ抗体検査はどう使う?

マイコプラズマ(マイコプラズマ・ニューモニエ)感染症はスティーブンスジョンソン症候群の原因にもなるため、皮膚科でも重要な感染症です。 肺炎のイメージが強いですが、肺炎に至るのは3~10%で、ほとんどが感冒症状のみなのだそうです(Chest. 95(3) 639…

抗核抗体が陽性だけど症状がないとき

抗核抗体が陽性、しかし臨床症状は無いという状況に遭遇することがあります。 健常者での抗核抗体の陽性率はどれくらいなのでしょうか。 Arthritis Rheum. 40(9): 1601, 1997(PMID: 9324014) 健常人120人に対して抗核抗体の検査が行われています。 【健常…

成人スティル病でフェリチンはどれくらい有用なのか?

成人スティル病ではフェリチンが上昇することが知られていますが、どれくらい有用なのでしょうか。 フェリチンの感度・特異度について書かれた総論を紹介します。 日本内科学会雑誌 92(10): 1977, 2003 NAID: 10011933566 ・フェリチン上昇 ⇒ 感度91.9%、特…

IL-2Rは悪性リンパ腫の診断に有用なのか?

IL-2レセプター(IL-2R)は悪性リンパ腫の腫瘍マーカーとして使用されています。 しかし様々な疾患で上昇するため、どの程度有用な検査なのかは知られていないように思います。 皮膚悪性リンパ腫を疑ってスクリーニング検査を行ったときにIL-2Rが高値に出る…

TARCでアトピーの重症度がわかるか?

アトピー性皮膚炎の病勢を測る指標としてTARCがあります。 しかし測定値が100~30000 pg/mlと非常に幅があるため、目安が分かりにくいです。 数値の目安として、重症度ごとの平均値を調べた報告が参考になります。 J Dermatol 33(4): 300, 2006(PMID: 16674…

TARCが薬疹でも役に立つ

DIHSは重症薬疹の一つです。 しかし診断のためには「原因薬剤中止後の経過の遷延」や「HHV-6の再活性化」を確認する必要があり、早期に診断するのは難しい場合があります。 そこでDIHSの発症早期にTARCが役立つことが示された論文があります。 J Dermatol Sc…

抗BP180抗体の陽性率はどれくらい?

高齢者に多い水疱性類天疱瘡(類天疱瘡)は、高齢化に伴い増加しています。 高齢者施設では、入所者の1%に類天疱瘡がみられるという報告もあります(MB derma: 161 p39-45, 2010.)。 診断基準を満たすためには皮膚生検が必要なのですが、皮膚科受診が難しい…

蛍光抗体直接法の生検を行う部位はどこがいい?

血管炎や水疱症の診断では、生検組織を用いて蛍光抗体直接法を行う必要があります。 それでは生検を行う部位はどこがよいのでしょうか。 論文を調べてみました。 血管炎 IgA血管炎の診断では、蛍光抗体法で血管壁へのIgA沈着を証明します。 しかしどこを生検…

薬疹はどれくらいの頻度で起こるのか?

薬疹はどれくらいの頻度で起こるのでしょうか。 正確な数値はわかりませんが、ある程度の目安は示されています。 Semin Immunopathol. 38(1): 75, 2016(PMID: 26553194) ・薬疹の発生率:0.1~1% 発生率は新規処方100~1000例につき1例と、決して低い数値…

薬疹の原因薬剤は何が多いか?

抗菌薬、消炎鎮痛薬、抗てんかん薬は薬疹の頻度が高いといわれています。 Semin Immunopathol. 38(1): 75, 2016(PMID: 26553194) 【薬疹の発生率】 1. 全体:0.1~1%2. 抗菌薬、消炎鎮痛薬、抗てんかん薬:1~8% 具体的にはどのような薬剤の薬疹が多いので…

薬疹の病型は何が多い?

薬疹には色々なパターンがあります。 それではどのような病型が多いのでしょうか。 論文を見てみましょう。 日皮会誌 122(10): 2495, 2012 NAID: 130004714871 横浜市立大学付属病院を受診した341人の薬疹患者のデータが解析されています。 【薬疹の病型】 …

薬疹の原因薬剤の特定法

薬疹を疑ったときは使用している薬剤をすべてリストアップします。 その中から原因を絞り込んでいくわけですが、多数の薬剤が新たに開始されている場合は特定が難しくなります。 そんなときは薬剤の開始時期を確認します。 遅延型アレルギーは感作が成立する…

薬疹の治療法

重症薬疹の治療法は教科書に書かれていますし、ガイドラインも存在します。 しかしそれ以外の薬疹をどうすればよいのかは、あまり書かれていない気がします。 そこで薬疹の総説から、治療法の部分を抜粋してみます。 N Engl J Med 366: 2492, 2012(PMID: 22…

重症薬疹の死亡率はどれくらい?

重症薬疹とされているのは以下の4つです。 ①Stevens-Johnson症候群(Stevens-Johnson syndrome :SJS) ②中毒性表皮壊死症(toxic epidermal necrolysis:TEN) ③薬剤性過敏症症候群(drug induced hypersensitivity syndrome:DIHS) ④急性汎発性発疹性膿疱…

SJS/TENの治療はどれくらい早く始めればいい?

スティーブンス・ジョンソン症候群(SJS)と中毒性表皮壊死症(TEN)は危険な重症薬疹です。 SJSの死亡率は1~5%、TENに進行した場合の死亡率は25~35%と報告されています。 www.derma-derma.net 治療の第一選択はステロイド全身投与です。 ところが全身にび…

アレルギー検査を行う時期はいつがいい?

薬剤アレルギーの原因を調べるために検査が行われることがあります。 ・即時型→プリックテスト、皮内テスト・遅延型→DLST、パッチテスト それではこれらの検査はいつ頃行うのがよいのでしょうか。 即時型アレルギー まず即時型アレルギーについて。 検査時期…

アレルギー検査(遅延型)の陽性率はどれくらい?

遅延型アレルギーの原因を特定するための検査として「DLST」と「パッチテスト」があります。 それではこれらの陽性率はどれくらいなのでしょうか。総説から引用してみます。 治療 89(12): 3281, 2007 NAID: 40015720937 【薬疹検査の陽性率】 ・DLST陽性率:…

アレルギー検査(即時型)の陽性率はどれくらい?

即時型アレルギーの検査として皮膚テスト(プリックテスト、皮内テスト)が行われます。 しかしアレルギーを強く疑いながらも検査が陰性になる場合もあり、判断に迷うケースが多いです。 それでは皮膚テストの陽性率はどれくらいなのでしょうか。 具体的な数…

アナフィラキシーの原因は何が多い?

アナフィラキシーを見たときは、どんな原因を考えればよいのでしょうか。 アナフィラキシーの原因を調べた論文を見てみましょう。 アレルギー 71(2): 120, 2022 日本アレルギー学会の研修施設79か所、780例の調査です。 【アナフィラキシーの原因】 1. 食物…

ペニシリンアレルギーにセフェムは投与できるのか?

ペニシリンアレルギーを持つ患者がいます。 その患者にセフェム系の抗菌薬を投与することは可能なのでしょうか。 これを調べた報告があります。 J Allergy Clin Immunol Pract. 6(5): 1662, 2018(PMID: 29408440) ペニシリンアレルギーと診断されている272…

造影剤アレルギーはアナフィラキシーだけではない

アレルギーには即時型と遅延型の2種類があることは、誰もが知っていると思います。 ところが造影剤の副作用の相談を受けてみると、即時型と遅延型が区別されていないことが多いと感じます。 「造影剤の副作用=アナフィラキシー」と考えている人が多いのです…

造影剤の即時型反応の頻度はどれくらい?

造影剤の副作用である即時型反応は、どれくらいの頻度で起こるのでしょうか。 CT造影剤の投与患者9290例とMRI造影剤の投与患者4919例を調査した日本の論文を紹介します。 MB derma 229: 131, 2015 【即時型反応の頻度】 ・CT造影剤:3.3%・MRI造影剤:0.94% …