皮膚科の豆知識ブログ

皮膚科専門医のブログです。日々の小さな疑問を解決する論文を紹介します。

薬疹・アレルギー

薬疹はどれくらいの頻度で起こるのか?

薬疹はどれくらいの頻度で起こるのでしょうか。 正確な数値はわかりませんが、ある程度の目安は示されています。 Semin Immunopathol. 38(1): 75, 2016(PMID: 26553194) ・薬疹の発生率:0.1~1% 発生率は新規処方100~1000例につき1例と、決して低い数値…

薬疹の原因薬剤は何が多いか?

薬疹の原因はどのような薬剤が多いのでしょうか。 薬疹患者1035人の原因薬剤を調べた論文を見てみましょう。 日皮アレルギー会誌 7(3): 115, 1999 まず1980年代は抗菌薬が非常に多くなっています。 【薬疹の原因薬剤(1983年~1990年)】 1. 抗菌薬:44.8%2.…

薬疹の病型は何が多い?

薬疹には色々なパターンがあります。 それではどのような病型が多いのでしょうか。 論文を見てみましょう。 日皮会誌 122(10): 2495, 2012 (NAID)130004714871 341人の薬疹患者のデータが解析されています。 【薬疹の病型の頻度】 ・紅斑丘疹型:41%・多形紅…

薬疹の治療法

重症薬疹の治療法は教科書に書かれていますし、ガイドラインも存在します。 しかしそれ以外の薬疹をどうすればよいのかは、あまり書かれていない気がします。 そこで薬疹の総説から、治療法の部分を抜粋してみます。 N Engl J Med 366: 2492, 2012(PMID: 22…

アレルギー検査を行う時期はいつがいい?

アレルギーの原因を調べるために検査が行われることがあります。 ・即時型→プリックテスト、皮内テスト・遅延型→DLST、パッチテスト それではこれらの検査はいつ頃行うのがよいのでしょうか。 即時型アレルギー まず即時型アレルギーについて。 検査時期につ…

アレルギー検査(遅延型)の陽性率はどれくらい?

遅延型アレルギーの原因を特定するための検査として「DLST」と「パッチテスト」があります。 それではこれらの陽性率はどれくらいなのでしょうか。総説から引用してみます。 治療 89(12): 3281, 2007(NAID)40015720937 【薬疹検査の陽性率】 ・DLST陽性率…

アレルギー検査(即時型)の陽性率はどれくらい?

即時型アレルギーの検査として皮膚テスト(プリックテスト、皮内テスト)が行われます。 しかしアレルギーを強く疑いながらも検査が陰性になる場合もあり、判断に迷うケースが多いです。 それでは皮膚テストの陽性率はどれくらいなのでしょうか。 具体的な数…

ペニシリンアレルギーにセフェムは投与できるのか?

ペニシリンアレルギーを持つ患者がいます。 その患者にセフェム系の抗菌薬を投与することは可能なのでしょうか。 これを調べた報告があります。 J Allergy Clin Immunol Pract. 6(5): 1662, 2018(PMID: 29408440) ペニシリンアレルギーと診断されている272…

造影剤アレルギーはアナフィラキシーだけではない

アレルギーには即時型と遅延型の2種類があることは、誰もが知っていると思います。 ところが造影剤の副作用の相談を受けてみると、即時型と遅延型が区別されていないことが多いと感じます。 「造影剤の副作用=アナフィラキシー」と考えている人が多いのです…

造影剤の即時型反応の頻度はどれくらい?

造影剤の副作用である即時型反応は、どれくらいの頻度で起こるのでしょうか。 CT造影剤の投与患者9290例とMRI造影剤の投与患者4919例を調査した日本の論文を紹介します。 MB derma 229: 131, 2015 【即時型反応の頻度】 ・CT造影剤:3.3%・MRI造影剤:0.94% …

造影剤の即時型反応はアレルギーではない?

即時型反応は一般的に、IgEを介したⅠ型アレルギーで起こります。 しかし造影剤では少し異なっています。 造影剤はマスト細胞を直接刺激することがあり、アレルギーではない機序で反応を起こすことがあるのです。 造影剤の即時型反応 IgE依存性(アレルギー性…

本当の局麻アレルギーは少ない?

局所麻酔薬に対するアレルギーの既往がある患者は多いですが、はたしてそれは本当にアレルギーなのでしょうか。 局麻アレルギーの既往がある患者に皮膚テストを行った研究があります。 アレルギー 58(6): 657, 2009 20人の患者に対してプリックテストと皮内…

ゴム手袋アレルギーの原因はラテックスだけではない

医療用のゴム手袋に対するアレルギーを持つ人がいます。 有名なのはラテックスアレルギーで、ラテックスフリーの合成ゴム手袋が使用されています。 天然ゴム:ラテックス 合成ゴム:ポリイソプレン、ニトリルなど ところがゴム手袋アレルギーの原因はラテッ…

魚摂取後のアレルギーは魚アレルギーなのか?

魚を食べた後に蕁麻疹が出現する患者さんがいます。 これは魚アレルギーと思われがちですが、原因は他にも2つ考える必要があります。 魚を食べた後の蕁麻疹の原因 1. 魚アレルギー2. アニサキスアレルギー3. アレルギー様の食中毒(ヒスタミン) 魚摂取後の…

ハチに刺されたら何%くらいアレルギーが出る?

ハチに刺された場合2回目が危険と言われますが、実際にアレルギーを起こす可能性はどれくらいあるのでしょうか。 ハチ刺症の総論から引用してみます。 アレルギー 67(2): 89, 2018 まず初めて刺された後、IgEが陽性化するのが20~30%です。 ハチ刺傷↓ハチIgE…

蚊に刺されたときのアレルギー反応は人によって違う

蚊に刺されたときの皮膚症状は、吸血の際に注入される唾液腺物質によって起こります。 唾液腺物質に対するアレルギー反応が皮膚症状の原因です。 しかし人によって蚊に刺されたときの反応は違います。 なぜ違いがあるのでしょうか。 アレルギー反応には即時…