皮膚科専門医の勉強ブログ

日々の勉強の記録

アレルギー検査を行う時期はいつがいい?

アレルギーの原因を調べるために検査が行われることがあります。

・即時型→プリックテスト、皮内テスト
・遅延型→DLST、パッチテスト

 

それではこれらの検査はいつ頃行うのがよいのでしょうか。

 

まず即時型アレルギーについて。

検査時期について書かれた総説から引用してみます。

Ann Fr Anesth Reanim. 21(Suppl 1): 7, 2002(PMID:12091990)

Skin tests are best done after a delay of at least six weeks. If necessary, they can be carried outearlier, but with an increased risk of false negative results.

 

皮膚テストは発症から6週後以降に行うことが望ましいようです。

この理由は、放出されたケミカルメディエーターが補充されるまでにある程度の時間を要すからだとされています。

急性期ではケミカルメディエーターが枯渇しており、検査が偽陰性になる可能性があります。

 

それでは次に遅延型アレルギーについてです。

こちらも薬疹の総説から引用します。

Allergy 62(12):1439, 2007(PMID: 17983378)

 【紅斑丘疹型・スティーブンスジョンソン】
発症から1週間以内に行うことが望ましい

【DIHS】
発症から5~8週後に行うことが望ましい 

 

遅延型アレルギーは薬疹の病型によって適切な検査時期が異なっているようです。

通常の薬疹であれば1週間以内が望ましいようですが、DIHSはある程度時間が経ってから検査を行う必要があります。