皮膚科の豆知識

皮膚科専門医のブログです。日々の小さな疑問を解決する論文を紹介します

足白癬の治療はいつまで続けるのか?

足白癬は再発することが多いです。

その理由は菌が陰性化する前に治療を止めてしまっているからです。

外用を開始して2週間程度で皮膚症状は改善しますが、菌はまだ残っています。

 

それでは足白癬にはどれくらいの治療期間が必要なのでしょうか。

菌の陰性化率を調べた論文を紹介します。

西日本皮膚科 55(4):759, 1993

【治療期間別の菌陰性化率】

・2週間:50%
・4週間:70.1%
・6週間:82.8%
・7週間:100%

 

このデータからは、症状が改善しても1か月以上の外用継続が望ましいようです。