皮膚科の豆知識ブログ

皮膚科専門医のブログです。日々の小さな疑問を解決する論文を紹介します。

爪白癬は見た目で診断するべからず

爪白癬では爪の変形が起こります。

ただし爪の変形が必ずしも爪白癬とは限らないことに注意が必要です。

 

実際に爪白癬の患者はどれくらいいるのでしょうか。

皮膚科受診患者の爪を観察した報告を見てみましょう。

Int J Dermatol. 36(10): 783, 1997(PMID: 9372358)

皮膚科受診患者2001人の爪を観察すると455人(23%)に変形があったようです。

その中で爪白癬の割合はどれくらいなのでしょうか。

爪の変形がある患者:455人

爪白癬:182人

 

爪変形の60%は爪白癬ではありません。

 

それでは皮膚科医であれば見た目で爪白癬を診断できるのでしょうか。

診断率を調べた論文を見てみましょう。

J Dermatol. 42(2): 221, 2015(PMID: 25545551)

 

皮膚科医31人に対して、113枚の写真(58枚の爪白癬の写真と55枚の爪白癬以外の写真)を使ったテストが行われました。

写真だけを見て爪白癬かどうかを判断するテストです。

正解率:67.7%

 

このように皮膚科医であっても3割程度誤診してしまいます。

実際、視診のみで爪白癬と断定されていることも多く、中には爪白癬ではない爪の変形に対して延々と内服治療が行われているケースもあります。

診断確定のためには真菌検査が必須です。